債務整理・遺産相続・会社設立手続・不動産登記なら大阪・上新庄の吉本法務事務所へ。

年金の繰上げ受給は慎重に!

我々が受ける年金についての相談で、最も多いものが「何歳から受け取ったら得でしょうか?」というものです。特に60歳前後の方(特に女性)から年金の繰上げ受給についての相談を良く受けます。

この場合の年金とは老齢基礎年金で、老齢基礎年金の受給開始は通常65歳からですが、60歳からなら繰り上げて受け取ることが可能なのは皆さんも良くご存知のことと思います。

「もらえるものは少しでも早く欲しい!」と思ってしまうのが人情ですね。ですから相談が多いのも良くわかります。

女性の視点から見て、「繰上げ受給」はお勧めなのでしょうか?

繰上げ受給が得か損かについては、「なんとも言えない」というのが偽らざる答えとなります。

何故なら繰り上げて受け取ると、時期については確かに早く受け取れるものの、年金額については一生涯減額されてしまうからなのです。具体的には、1ヶ月繰り上げるごとに0.5%減額され、最大5年(60ヶ月)繰り上げると減額は30%にもなります。

下の図は繰上げ月数と、受給額を示す表になります。繰上げ月数が多いと早く受け取りが始まるものの、それだけ受取額が少なくなるのがわかります。

繰上げ月数 表1

繰上げ月数 表2

ですから、特別な理由がない限り基本的に私は繰上げせず、「通常受給」することをお勧めしています。

そうすると繰上げ受給を積極的に検討している方から
「通常受給でも、早く死んだら損ではないですか?」と言われることがあります。
確かに、通常受給(65歳支給)をすることにして、仮に65歳までに亡くなった場合、
年金を1円も受け取ることができません。そういう意味では「損」といえるかもしれませんね。

しかし、亡くなってしまったらもうお金の心配をすることはありませんが、生きていればずっとお金の心配は尽きないはずです。

長生きをすればするほど「お金」は必要であり続けるわけですから、長生きをして「繰上げ受給」をしてしまった後悔の方が辛いのではないでしょうか?

まして女性は男性より平均寿命が長く、長生きすればするほど「得」な方を選択するのが賢明なように思います。

また、繰上げ受給することで受け取れなくなるものも出てきます。

最も注意が必要なのが、遺族年金との関係です。

例えばご主人が亡くなられ遺族厚生年金を受けている方が、自分の老齢基礎年金を繰上げしてしまうと、夫の遺族厚生年金は65歳まで支給停止されてしまいます(正確に言うと、遺族年金か自分の(繰り上げた)老齢基礎年金のどちらかを受け取ることになる)。

その他、繰上げ受給してしまうと障害基礎年金や寡婦年金を受け取ることができなくなる等不利益も多く、その点から見ても繰上げ受給はあまりお勧めできないといわざるを得ません。

繰上げは一度請求してしまうと、撤回はできないこともあり、慎重に検討していただきたいと思います。